MENU

月別投稿数

2000円以下でおすすめ浄水ボトル4選!高評価口コミ商品を厳選!

ペットボトルの水をコップに注ぐ

水道水の匂いや味が苦手
毎回、水のペットボトルを購入するのはもったいない

そこで今回はお金の節約もできて、水道水がもっと美味しくなるおすすめ浄水ボトル4選をご紹介します。

 

初めての洗浄ボトルの選び方・購入前の確認ポイント

下の3つを購入する前に確認しておくとコスパがいい浄水ボトルを見つけることができるよ。
  1. 浄水カートリッジ1つあたりの使用可能量
  2. 浄水カートリッジの交換頻度
  3. 持ち運びやすさ・携帯性・飲みやすさ

選び方①:浄水カートリッジ1つあたりの使用可能量

きれいな川

浄水ボトルについているカートリッジは1つあたりに浄水できる水の量が決まっています。

目安としては1つのカートリッジで150L。500mlペットボトル300本分浄水できる浄水ボトルを選びましょう。1Lあたり約4.5円の計算になるので、毎日水を飲むのであればかなり節約することができます。

150L(500mlペットボトル300本分)も浄水できるオススメ浄水ボトル

選び方②:浄水カートリッジの交換頻度

水をコップに注ぐ

浄水カートリッジは消耗品なので定期的に交換する必要があります。

交換の目安としては1ヶ月です。基本的に1ヶ月ごとに交換するタイプが多く、中には2〜3ヶ月に1回に済む浄水ボトルもあります。交換頻度が少なければ、カートリッジ購入にかかるお金も減るので節約になります。

2〜3ヶ月に1回の交換で済むおすすめ浄水ボトル

選び方③:持ち運びやすさ・飲みやすさ

ハイキング・登山・アウトドア

浄水ボトル自体のデザインや機能性も重要です。

フルーツを入れると、水の味も見た目もよくなる浄水ボトルや外での飲むならストラップが付いている携帯性の高い浄水ボトルもあります。アウトドアや登山なら簡単に飲める水を押し出すタイプの浄水ボトルなど。

用途にあった浄水ボトルを選びましょう。

飲み方が豊富!キャンプ・アウトドア・登山にも便利なおすすめ浄水ボトル

フルーツボトルにするとおしゃれになるオススメ浄水ボトル

おすすめ浄水ボトル人気ランキング

1位 【ブリタ】 携帯用浄水ボトル フィル&ゴー アクティブ

【ブリタ】 携帯用浄水ボトル フィル&ゴー アクティブの「仕様と製品情報」

カートリッジ1個 150L 500mlボトル300本分
1Lあたり 約4.5円
サイズ 幅80×奥行75×高さ235mm
交換頻度 4週間に1回

【ブリタ】 携帯用浄水ボトル フィル&ゴー アクティブの「おすすめポイント3つ」

  • グッドデザイン賞受賞ののデザイン
  • コップ付きで注いでも飲める
  • 持ち運びに便利なストラップ付き

【ブリタ】 携帯用浄水ボトル フィル&ゴー アクティブの「レビューと評価」


グッドデザイン賞を受賞したおしゃれなデザインのBRITAの浄水ボトル。水道水に含まれる匂いや味に影響する不純物を除去してくれます。

飲み方は3通り。吸って水を飲むこともできますし、押し出すことも可能。コップに注ぐこともできます。

1つのカートリッジつき150Lも使用することが。500mlボトルだと300本分です。喉が渇いたら毎回ペッドボトルを購入する必要がなくなります。

デザイン+機能を合わせて持った浄水ボトルを探している人向けだね!

 

2位 【Bobble】 浄水ボトル

【Bobble】 浄水ボトルの「仕様と製品情報」

カートリッジ1個 150L 500mlボトル300本分
1Lあたり 約4.5円
重さ 118g
交換頻度 2〜3ヶ月に1度

【Bobble】 浄水ボトルの「おすすめポイント3つ」

  • 累計販売10万本・世界30カ国以上でヒット
  • 有名デザイナーが考案したスタイリッシュなデザイン
  • 交換頻度が2〜3ヶ月に1回

【Bobble】 浄水ボトルの「レビューと評価」


世界中でヒットしたBobbleの浄水ボトル。有名デザイナーが考案したシンプルなデザイン。シンプルなのにスタイリッシュさを感じさせる浄水ボトルです。フルーツボトルにして、もっとオシャレに。

カートリッジ1つ150Lの水道水を浄水が可能。500mlペットボトル300本分になります。さらに、重さは118g。持ち運びが楽な重量です。

カードリッジ交換頻度が2〜3ヶ月に1回なので、めんどくさがりな人向けだね!
BOBBLE
¥1,780 (2019/05/20 22:25:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

3位 【ブリタ】 直飲み浄水器ボトル フィル&ゴー

【ブリタ】 直飲み浄水器ボトル フィル&ゴーの「仕様と製品情報」

カートリッジ1個 150L 500mlボトル300本分
1Lあたり 1Lあたり
交換頻度 4週間に1回
容量 600ml

【ブリタ】 直飲み浄水器ボトル フィル&ゴーの「おすすめポイント3つ」

  • 落としても傷がつきにくい素材を使用
  • 1リットルあたり4.5円で経済的
  • 本体価格が1000円代で安い

【ブリタ】 直飲み浄水器ボトル フィル&ゴーの「レビューと評価」


ほかの浄水ボトルとくらべて1000円代で購入することができるブリタの浄水ボトル。

価格が安いのにも関わらず500mlペットボトルの300本分の水を浄水が可能なんです。1Lあたり4.5円。ミネラルウォーターを購入するより圧倒的にお得です。

さらにデザインは全4色。ブルー・ライム・ピンク・パープルの中から選ぶことができます。透明な容器なので、フルーツを入れると見た目も味もおいしくなります。

浄水ボトルの本体価格を抑えたい人向けだね!

 

4位 【三菱レイヨン】 携帯型浄水ボトル クリンスイ

【三菱レイヨン】 携帯型浄水ボトル クリンスイの「仕様と製品情報」

カートリッジ1本 30L 500mlペットボトル60本分
交換頻度 1ヶ月
容量 250ml
重さ 135g

【三菱レイヨン】 携帯型浄水ボトル クリンスイの「おすすめポイント3つ」

  • タンブラーを振るだけで浄水ができる
  • 容量250mlのコンパクトサイズ
  • 保証期間が1年

【三菱レイヨン】 携帯型浄水ボトル クリンスイの「レビューと評価」


三菱レイヨンのタンブラータイプの浄水ボトル。これまで紹介した浄水ボトルの中でも容量が250mlと少ないですが、大きすぎないため職場に持ち込んでも邪魔になりません。

浄水方法は簡単。飲む前に振るだけです。上の動画でも解説されていますが、ピンク色になった塩素試薬が振るだけで薄くなる。浄水効果がはっきりわかります。

コンパクトサイズの浄水ボトル・タンブラーを探している人向けだね!

 

浄水ボトルのまとめ

今回は浄水ボトル4選をご紹介しました。どうでしたでしょうか。

浄水ボトルを使用すれば、水のペットボトルを購入するよりお金の節約することができます。さらにフルーツボトルにすればオシャレにもなります。

ぜひ、この機会に浄水ボトルの購入を検討してみてください。ここまで読んでいただきありがとうございます。

ランキングの基準:
編集部・ライターがレビュー評価の高い商品を厳選、商品1つ1つ口コミや性能を確認し、おすすめ人気ランキングを決定しています。