【3カ月】海外ドラマで英語勉強!僕のやり方をすべて公開

海外ドラマの英会話勉強方法

海外ドラマで正しい勉強方法で学んだら「字幕なし」で見れるようになりました。

と言っても、すべての英語が完全に理解できるわけではありませんが、セリフの8~9割は「字幕なし」で理解できます。

 

海外ドラマは正しい学習方法で学んでいけば「リスニング」のスキルが上達しますが、やり方が間違っていたら、ただドラマを楽しんでいるだけです。

 

どうせやるなら英語のスキルも上達させたくないですか?

今回は「海外ドラマで英語勉強!【3カ月間】で上達した僕の具体的な方法」です。

 

海外ドラマで英語学習

僕も最初の頃は学習方法がわからなくて苦労しました

 

でも、正しい勉強方法で継続すれば、

海外ドラマの英語学習のプロセス

という感じに英語のリスニングが上達し、映画やドラマを楽しむことができます。

 

3カ月目になると「簡単に聞き取れる英語」と「苦手な英語の部分」がはっきりし始め、4カ月目以降は上手く聞き取れない英語を重点的にリスニングすると、海外ドラマを「字幕なし」で見れるようになります。

今回は海外ドラマ「フレンズ」を例に具体的な勉強方法ご紹介します。

海外ドラマ学習全体プロセス

 

細かいですが、これが僕の海外ドラマでの英語勉強のやり方です。

 

海外ドラマフレンズの勉強ステップ2
フレンズ1話目を「ステップ3」から「ステップ5」まで、何度も繰り返し行います。

70%ほどの完成度になったら、次の2話目に移りましょう。

 

『海外ドラマを勉強してよかったな』と思うのは、ドラマのセリフをそのまま日常会話として使えること。

ぼくは現在は、都内のIT企業でエンジニアとして仕事をし、海外の企業(アメリカ人とベトナム人)とやり取りをしていますが、日常会話で困ることは少ないです。

特にフレンズを徹底的に学び、その経験は今でも役に立ったと実感しています。

 

ただ、実際に学習を始めるとわかりますが、海外映画やドラマでの学習方法は中級者向けです。

ぼく自身もある程度、『独学で【1年6カ月】僕が英語を話せるようになった勉強方法』で、英語の基礎ができてから海外ドラマに取り組みました。

 

海外ドラマでの勉強方法はリスニングは上達しますが、英会話はできるようになりません。学習方法の1つとして、海外ドラマや映画で学んでください。

それでは、「ステップ1」から「ステップ5」までの具体的な学習方法について解説していきます。

 

ステップ1:フレンズのセリフを印刷

海外ドラマフレンズの勉強ステップ1

まずはスクリプト(セリフ)の印刷です。印刷はシーズン1の3話分ぐらい準備してきましょう。

スクリプトは「フレンズ(Frends)1シーズン-1話」で印刷できます

 

セリフを印刷する理由は音読するため。海外ドラマを見て聞くだけでは、英語ができるようにならないから音読が必要なの

 

英語を聞いて、セリフを自分のものにするには英語中級者から上級者のスキルが必要なんです。目安としてはフレンズを「字幕なし」で見て「6割~7割ぐらいの理解」と「シャドーイングができる」なら中級者です。

 

ステップ2:英語勉強にはドラマ・フレンズを見る

海外ドラマフレンズの勉強ステップ2

ステップ2はフレンズの1話目を見て、ストーリー全体の流れを把握することです。特に英語が聞き取れないとかは考えないでください。

 

ところで、なんでフレンズなのか?

海外ドラマの中でもフレンズがおすすめな理由は、

  • ヒューマンドラマから日常会話を学べる
  • ドラマの時間が約22分と短い

 

他に英語学習教材として有名な日常会話が多いヒューマンドラマは、「デスパレードの妻たち」や「glee (グリー)」ですが、動画の長さは約45分になります。

英語の上達には毎日欠かさず続けることが何よりも大切です。そのため、毎日45分の動画は長いので勉強には適していません。

 

海外ドラマで英語を上達させるためには、後ほどご紹介する以下の勉強方法が大切です。

  • ステップ4:音読
  • ステップ5:シャドーイング

フレンズなら約20分、毎日1時間は勉強に使えるとしても、40分は「音読」「シャドーイング」に残りの時間を使えるんです。

 

1日だけ2時間の英語の勉強するより、1日1時間の学習を2日間続けたほうが確実に上達スピードが上がります。

1日のスケジュール英語勉強
動画が長くなればなるほど、音読やシャドーイングに使える時間が短くなってしまうので、約20分ほどの『フレンズ』は英語教材としては勉強しやすいんです。

 

ただし、絶対フレンズで英語を学ばなくはいけない、ということではありません。

さすがに同じドラマばかり見ていると飽きてしまうので、メインは「フレンズ」、息抜きとして「別のドラマ」と交互に視聴しても問題ありません。ぼくも息抜きとして、他のドラマを視聴したりしていました。

>>>ぼくが英語が話せるようになるために使った海外ドラマ5選

 

ステップ3:英語が聞き取れないなら何度も聞く

海外ドラマフレンズの勉強ステップ3

ステップ2はフレンズの内容を理解するためでしたが、ステップ3は英語の聞き取り能力を上げる為です。

 

何度も繰り返して、フレンズの1話目を再生します。

集中して、英語を聞くと最初は4割しかわからなかったものが、次第に5割、7割とわかるようになります。

 

これ以上、1話目を何度も聞いて変わらなくなってきたと感じたら、1つ1つのシーンごとで何度も見ます。

1回目と10回目の英語の聞こえ方が違うはずです。

例えば
1回目はワナ、と聞こえるのが
10回目はワァナ
20回目だとワァナ〜⤴︎
30回目は同じワァナ〜⤴︎

20回目から30回目までの「ワァナ〜⤴︎」が、これ以上の変化がない、となったら、次の「ステップ4:音読」にいきます

 

でも、勉強している時、どうやっても聞き取れない単語が必ずあるはずです。

その原因は「知っている単語の読み方」と「本当の英語の発音」がズレているから

つまり英単語に対しての先入観

 

わかりやすい例だと『I want to 〜』です。

今までの勉強だと、「アイウォントゥー」と発音していましたが、口頭で話すときは「アイワナ」になります。

 

海外ドラマで勉強していると「知っている単語の読み方」と「セリフの単語の発音」のズレが必ず起きます。

「この単語はこう発音されるべき」と勝手に思い込んでいるので、何度聞いても聞き取れないことが起きるんです。

 

もし、どうやってもセリフが聞き取れないなら、以下のように考えてください。

  1. 聞き取れない箇所を何度も再生し、英語をまねて声にだす
  2. 意味がわからなくても、聞こえる通りの発音し
  3. この時「聞いた(セリフ)の音」=「スクリプトの文字」と結びつける

 

わからない箇所に集中してやる事も大事ですが、続けていくうちにリスニングが上達し、後から聞き取れるようになるので、次の「ステップ4:音読」に進みましょう。

 

ただし、最低限の発音スキルは必要です。いままで、一度も発音の勉強をしたことない場合は、一度発音練習することをおすすめします。

ぼくも海外ドラマでの勉強を行う前段階で、3週間ほど発音の練習を行いました。

「英語耳」は、舌の動かし方や正確な発音が、だれでもわかる発音の基礎となる教材です。この「英語耳」を見ながら、YouTubeの動画をうまく使うことで、リスニング力が上がるはずです。

 

スッテプ4:英語のリスニングのコツは音読

海外ドラマフレンズの勉強ステップ5

ステップ4は印刷したスクリプトを音読しながら英文を理解します。

 

音読で大事なのは

  • 英文の構造がわかること
  • 音読をしながら意味がわかること

の2つです

 

もし、スクリプトを読んでも『文の構造がわからない』『意味が分からない』と感じるようでしたら、文法の勉強に切り換えましょう。厳しいことを言うようですが、文法がわからないまま英語を聞き続けてある日突然理解できるようになることはありません。

 

音読をやろう!と言うと「え~今さらそんなこと・・・」となりますが、音読なしで英語の上達は難しいです。

 

僕も最初の頃は、「なんで今さらやらないといけないの」と思いましたが、スクリプトを音読することによって、以下の3つができるようになりました。

  • 英語を前から理解できるようになり
  • 英文の構造が瞬時に理解でき
  • 英会話のフレーズを覚えること

音読のコツは口に馴染ませるように声に出すことです。

 

何度も声に出すことによって、その英文が自分の物になり、英語のセリフを聞き取った瞬間、理解できるようになります。

 

ステップ5:英語上達の近道は「シャドーイング」

海外ドラマフレンズの勉強ステップ5

シャドーイングとは「聞いた音声を0.5秒~1秒遅れで発音する勉強方法」で具体的には、下の画像のように、役者が発音した英語をそのまま、聞いたこと声に出します。

 

実際のフレンズの動画を見てシャドーイングをやってみましょう。「音声(セリフ)を聞いてそのまま声に出す」です。

 


どうでしたか?

実際にやると難しかったのではないでしょうか?

 

まず、このシャドーイングを2回やります。

最初はできなくても、少しずつ聞いた音が聞き取れるようになり、口から英語が出るようになります。

 

海外ドラマの注意点は、映像から「ストーリ」「話の流れ」がわかるので英語がなんとなくわかる気でいることです

試しに音声だけで英語を聞いてみてください!

英語の理解度が下がるはずです

 

海外ドラマや映画で学ぼうとすると、映像からの情報でわかったつもりになり「リスニングが上達したと勘違いしまいがちになります。

 

その為にシャドーイングをすることで、『英語を理解している箇所』『理解でていない箇所』を明確にします。『シャドーイングできない箇所=英語がマスターしていない箇所』です。

 

理解できていない箇所を

  1. ステップ3:英語を何度も聞く
  2. ステップ4:音読で学び
  3. ステップ5:シャドーイングで声に出す

シャドーイングできなかったら、「ステップ3」に戻り、何度も繰り返すことによって必ず英語は上達します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)