独学で【1年6カ月】僕が英語を話せるようになった勉強方法

独学で英語が話せるようになる英会話完全ガイド

英語で会話って難しい。

英会話の勉強を毎週しているのに、なかなか話せるようにならない。

 

でも、独学で勉強して話せるようになった人がたくさんいるのも事実。

英語で会話できる人ってどうやって喋れるようになったのでしょうか?

今回は「独学で【1年6カ月】僕が英語を話せるようになった勉強方法」をご紹介します。

 

独学で英語が話せるようになるには?

独学で日本でも英語は話せるようになります。

今でこそ、英語を話せるようになりましたが、最初のうちは何が正しい勉強方法なのかわからず、かなり苦労しました。

 

でも、日本に居ながら、毎日最低2時間~3時間の正しい英語学習を続ければ、

 

  1. 8カ月目:英語で言いたい事が伝えられるようになる
  2. 1年2カ月目:アメリカで生活ができるようになる
  3. 1年6カ月目:アメリカ大学で「プレゼン」や「ディスカッション」できる

という感じに、英語が上達していきます

 

僕がやった勉強方法、教材は以下の4つです。

  1. オンライン英会話
  2. 瞬間英作文シリーズ
  3. 音読パッケージ
  4. 海外ドラマ

この4つの教材・勉強方法を徹底的に行うことで、英語は絶対に話せるようになります。

 

ぼくは現在、日本の企業に就職しエンジニアとして、海外の企業(アメリカ人とベトナム人)とやり取りしながら仕事をしています。ITの専門用語を調べたりすることはありますが、日常会話ならそこまで困ることはないです。

 

独学で英会話の初心者が話せるようになる勉強方法

DMM英会話で無料体験

1カ月目から(0日目から10日目)の英語上達方法

英語の学習期間は0日目から10日目の勉強方法になります。

この時の僕の英語力
  • 外人に話しかけられるとテンパる
  • よくわからない英語と日本語しゃべる
  • 1つの単語でなんとか伝えようとする
  • 英会話の勉強法がわからない

 

Excuse me, can you help me with some directions?(道を教えてくださいますか?)

え!え!what?え、なに?(外人に話しかかられちゃった~)

 

今思うと「英語力がない」のではなく、外国人に対しての免疫がないから、答えることができなかったんです。

ぼくも最初は緊張して、何をしゃべったのか記憶はありません。とにかくテンパってました。

 

この時期は英会話の対策より、外国人に慣れる対策です。

 

0日~10日の勉強方法
  • 道に迷っている外国人に声をかける or オンライン英会話で外国人講師と話す

 

道に迷っている外国人に10回ぐらい話しかると、緊張せずに答えられるようになります。いきなり、外国人旅行客とかに話しかけるのが恥ずかしい場合は、DMM英会話。

 

とにかく、海外の人と話すことに慣れる為に毎日25分DMM英会話で外国人と会話をします。「毎日はなんてムリ!」なら、週4日は外国人講師と会話して英語に慣れていきましょう。

英会話初心者にとって最初に大事な事は外人と話して慣れることです。

 

勉強時間
  • DMM英会話を毎日25分(最低、週5日以上)

 

英会話上達のコツは「瞬間英作文トレーニング」

1カ月目から3カ月目までの英会話の学習。

外国人と会話しても緊張しなくなったら、ここからが本当の英語の勉強です。

学習期間は11日目から60日目の英語上達方法。

 

この時の僕の英語力
  • 思いついた単語を言う
  • 2つぐらいの単語で伝えようとする

 

I want to go Tokyo station, how can I get there?(東京駅へ行きたいのですが、どうすればいいですか?)

えーと、left・・・go・・・find・・・・Tokyoあるよ

 

ぼくもこの時期は、聞かれていることもわからず、思いつく英単語で答えていました。文法も何もない、伝わらなるわけがないです。

 

最初の10日間で外国人講師と話すのに慣れてきたら、次は瞬間英作文。瞬間英作文は「頭の中の英語が理解できる」から「頭の中の英語が話せるようになる」勉強方法です。

その為に僕がやったのは「瞬間英作文」シリーズ。

 

 

「頭の中の英語が理解できる」から「頭の中の英語が話せるようになる」とはどういうことか。

例えば、下の日本語を5秒以内に英語で声にだしてください。

学生の時、私はすべての科目の中で数学が一番好きだった。






どうですか?できました?

正解は、

When I was a student, I liked mathematics, the best of all the subjects.

上の日本語と英文は瞬間英作文シリーズの1つの例です。英文を見ると、頭の中で簡単に理解できますよね。

でも、頭の中の英語を声に出すことは難しくないでしょうか?

 

英会話初心者の中には英語が思い浮かばなかった人いると思いますが、まったく問題ないです。

瞬間英作文をやれば「頭の中で英文が浮かび上がり」、「頭の中で組み立てた英文を理解できて」、「頭の中の英語が口にでる」ようになるんです

 

瞬間英作文の基本的なやり方は以下になります。

  1. 日本語を見る
  2. 頭の中で英語が浮かび上がる
  3. 思い浮かんだ英語を理解する
  4. 理解した英語を話す

 

これを何度も練習することにより、英語が口から出るのがだんだん早くなり、英語がしゃべれるようになるんです。つまり、英語を話すための思考回路ができます。

 

この「瞬間英作文」と「DMM英会話」を同時に勉強する事で英会話の上達速度が早くなります。

 

11日目から60日目まで
  • 瞬間英作文を1時間30分
  • DMM英会話を毎日25分

 

瞬間英作文は「頭の中で英文を組み立て理解した英語を話すトレーニング」

DMM英会話では「瞬間英作文で学んだことを実際に活かす場所」です。

この2つの勉強方法を英会話を25分、瞬間英作文を1時間30分で合計2時間やります。

 

英会話学習での注意点
  • 「DMM英会話」と「瞬間英作文」をなんとなくで、勉強しないでください!「この勉強は英会話のどこのスキルに役に立っている」という意識が大切です。

 

英語を話せるようになりたいなら継続すること

この段階でも、まだ瞬間英作文には苦戦している頃です。

勉強期間は61日目から90日目までになります。

 

この時の僕の英語力
  • 3つのぐらいの単語で伝えようとする
  • 質問をされて答えるまで5秒以上かかる
  • 口からでる文法が形になってくる

 

Do you know any good restaurant?(良いレストランは知っていますか?)

・・・・・・

Yes, you go・・・street・・

 

3カ月目になると「勉強しているのに英語が出てくるのが遅いな~」や「頭の中に英語が組み立てられないな~」とか思い始める時期です。ですが、そんな風に感じるのは英会話のスキルが伸びている証拠。

 

ここで英語初心者にありがちなのが、別の教材や新しい勉強方法を始めてしまうことです。実際に僕も不安で新しい勉強方法に変えようとしていました。

(ホントにこの勉強方法で合っているのか・・・)

(1カ月前と比べて変わっていない・・・)

 

なかなか成果が見えないから、不安なのはわかりますが、新しいものに手を出すのは英会話の上達から遠ざかってしまいます。

 

61日目から90日目まで
  • DMM英会話を毎日25分
  • 瞬間英作文を毎日1時間30分

 

英語上達のコツは「音読パッケージ」

4カ月目ぐらいから英会話が少しずつ上達している事を実感するはずです。同時に「得意な英文」と「苦手な英文」がでてきます。

英語の学習期間は91日目から180日目まで。

 

この時の僕の英語力
  • 簡単な英文の組み立てが頭の中でできるようになる
  • 外国人講師と英語で話しが続くようになる
  • 得意な英文と苦手な英文がわかり始める

 

Does this train stop at Shibuya station?(この電車は渋谷駅に停まりますか?)

Ah・・・・No, ・・・take Yamanote ・・・・線 ?line? train?

 

「得意な英文」と「苦手な英文」とはどういう事か?というと、Youから始まる英語はすぐに言葉で出るけど、Theseをから始まる英語は苦手ということです。

 

これは瞬間英作文シリーズで苦手な部分を重点的にやれば、必ずできるようなります。

 

オンライン英会話と瞬間英作文に慣れてきたら、次に必要なのが音読。

 

 

「音読なんて、今さらやらないよ!」って笑わないください。だって、僕はこの音読で英会話に使える英文のバリエーションが増えました。

英語初心者はいきなり海外映画やドラマを見て英語を勉強し始めようとしますが、それで英会話できるようになりましたか?英語は基本が大事なんです。

 

音読は「オンライン英会話」や「瞬間英作文」では上達できないスキルが伸びます。

 

音読のやり方は

  1. たくさんの英語を読み
  2. 頭の中で英語を英語のまま理解して
  3. さまざまな英文を口にだす

 

上のプロセスの効果はつまり、英語を英語のまま理解することで英語脳をつくり、様々な英文を口に出すことで英会話に使えるバリエーションが増えるんです。

 

  1. 音読で「理解した英文」を増やし
  2. 瞬間英作文で「理解した英文」と「理解した英文」を組み合させて
  3. DMM英会話で「理解した英文」を声にだし実践する

 

「オンライン英会話」「瞬間英作文」では英会話に使えるバリエーションがなかなか増えませません。今までの学習方法に音読を入れることで英語の上達がさらに早くなります。

 

91日目から180日目
  • 瞬間英作文を1時間
  • DMM英会話を25分
  • 音読を30分

 

英会話が独学でも上達できる方法が確立

7カ月目からの英会話上達は早いです。ここの勉強期間が終われば、英会話初心者を脱出し「外国人に伝わる英語が話せるスキル」になります。

上達プロセス
  1. 8カ月目:英語で言いたい事が伝えられるようになる
  2. 1年2カ月目:アメリカで生活ができるようになる
  3. 1年6カ月目:アメリカ大学で「プレゼン」や「ディスカッション」できる

英語の上達プロセスの ① になります。日本人から見たら「英語をぺらぺら喋れてスゴイ」と言われるレベルです(本人的にはまったく完ぺきではない)。

 

学習期間だと181日目から270日目までになります。

 

この時の僕の英語力は
  • 会話が途切れず、話せるようになる
  • 英文と英文をうまく組み立てられる
  • 英語の返答のスピードが早くなる

 

ここまで英会話に取り組んでいたら、自分なりの勉強方法が確立しているはずでが、「瞬間英作文」「オンライン英会話」「音読」を続けてください。

 

ただし、瞬間英作文は1つ上のレベルの本で学習しましょう。これ以上、同じ本を続けると内容を覚えてしまい効果が薄れてしまいます。瞬間英作文の目的は英語を話せる為の思考回路をつくることです。

 

 

上の本は「瞬間英作文」シリーズでさまざまな英文が合わさっていまして、この本をマスターする頃は始めた時とくらべ「英語がスラっと口からでる」ようになっています。

 

181日目から270日目
  • 瞬間英作文を1時間
  • DMM英会話を25分
  • 音読を30分

 

英語をさらに上達する為には「シャドーイング」

8カ月目までの勉強で「英語が話せる」ことを実感しているはずです。9カ月目からは英会話をさらに上のレベルにする為の勉強になります。

学習期間は271日目から365日目。

 

この時の僕の英語力
  • 慣れている英語ならすらっと言える
  • 英語の返答が5秒以内でできる
  • リスニングスキルが足りないと感じている

 

英会話の勉強は今まで通りの「音読」「瞬間英作文」「オンライン英会話」が効果的な事がわかると思います。ただ、外国人講師と話していると「なんとなく言っていることが理解できるけど、わからない部分がある」はずです。

それは相手の英語を瞬時に正確に聞き取ることができていないから。

 

瞬時に正確に英語を聞き取るために必要なのがシャドーイングです。

 

 

今まで使っていた音読パッケージでシャドーイングをします。シャドーイングは聞いた英語を0.5秒~1秒遅れて発音する勉強方法。

「なんだ簡単そうじゃん!」と思いますが、意外と難しいんですよ。シャドーイングは『聞く』『話す』のスキルが同時に必要になります。

The Yamanote line was messed up and I was trapped for ten miniutes.

The Yamanote ・・・ was ・・・・ and I was ・・・ for ten miniutes.

 

初めてシャドーイングすると発音できない箇所がありますが、それは聞き取った英語を完全にマスターしていないからです。

 

具体的なシャドーイングのプロセス
  1. 英語を瞬時に聞き取り
  2. 正確に単語を理解し
  3. 頭の中で英文をきちんとわかって
  4. 英語が発音できる

 

「発音できる英語=瞬時に正確に聞き取れた英語」、つまり、シャドーイングで英語を正確に発音できるようになれば、『話す力』と『聞く力』が上達した証拠です。

これまで勉強してきた『音読』『瞬間英作文』『オンライン英会話』に『シャドーイング』も一緒に学ぶことで英語の上達がさらに向上します。

 

271日目から365日目
  • 音読を30分
  • 瞬間英作文を30分
  • DMM英会話を25分
  • シャドーイングを30分

 

海外ドラマで英語の勉強

瞬間英作文シリーズは終了です。1年以上、瞬間英作文を続けたことにより、英会話の基礎が確実に身についています。

これからは自然な英語から『さらに英会話のバリエーション増やすこと』『正確なリスニング力のアップ』と『聞き取れなかった単語を予測する力』を勉強する段階になります。

学習期間は366日目から425日目。

 

この時の僕の英語力は
  • 自分の英語の勉強方法が確立している
  • 英語講師との英会話なら問題がない
  • 聞きなれない単語が聞き取れない

 

今までの勉強で外国人講師との英会話で困ることは少なく、普通に英語で雑談ができ、英語を英語のまま理解しているのではないでしょうか?

 

ただ、たまに出てくる「聞きなれない英単語でリスニングに引っ掛かる」ことがあります。それは会話の流れから単語を予測する力が足りていないからです。

英単語を覚えるだけでは応用がききません。聞き取れなかった単語を予測する力は『音読』と『シャドーイング』です。

 

「またか?」と思うかもしれませんが、使う教材を自然なものに近づけます。自然な教材とは海外ドラマ。

ぼく的には海外映画じゃなくて、海外ドラマの方が英語の勉強にはオススメです。

 

海外ドラマだと

  • 一本45分ほどの長さで集中力が持つ
  • 10話〜20話あり、何度でも繰り返して学べる

 

のですが、映画の場合は

  • 1つの映画が1時間30分〜2時間で長い
  • 毎日同じ映画は楽しくない

 

もちろん、海外映画がいい!というなら、映画でも問題ありません。僕の経験上、海外ドラマの方がうまく英語の勉強を続けることができたので、オススメしています。

勉強方法は「字幕なし」で海外ドラマを、「何度も見て」「英語を聞いて」これ以上英語が聞き取れないと思ったら「字幕あり」で英語を確認してください。

 

メモ
  • 音読を30分
  • DMM英会話を25分
  • 海外ドラマを1時間

 

独学で英語がペラペラになるには?

正直、『音読』『オンライン英会話』『瞬間英作文』『シャドーイング』以外の勉強方法をしていないので、これ以上の勉強方法はぼくにはわかりません。

単語の勉強とか文法の勉強は別ですよ(英会話に役に立つ勉強方法という意味です)

学習期間は1年6カ月以上になります。

 

もし、

  • 通訳になりたい
  • ネイティブの感覚を手に入れたい

 

と考えているなら、ぼくの英語力のレベルがそこまでないので説明できないです(すみません・・・)ただ、これまでの勉強方法で英語はしゃべれるようになります。

 

僕の中での英語がペラペラ話せるという基準は、「通訳の方」や「ネイティブの感覚」を手に入れた人です。英会話上級者(海外で仕事ができる)なら正しい勉強方法で英語を学べば、誰でもできます。

それ以上の「ネイティブの感覚」「通訳として食べていける人」は英会話上級者のさらに上にいるイメージになります。

 

【まとめ】独学で英語を話すには

日本に居ながらでも英語は話せるようになります

教材・勉強方法
  • DMM英会話
  • 瞬間英作文シリーズ
  • 音読パッケージ
  • 海外ドラマ

 

この教材をひたすら『音読』『英会話』『瞬間英作文』『シャドーイング』で徹底的にやれば英語はできます。

あとは、英語を続ける為のモチベーション次第です。

僕の場合は「英語喋れたらかっこいい」という不純な動機でしたが、最終的には「仕事に活かしたい」と考え始め、継続することができました。

ネイティブの人から見れば、まだまだな英語力ですが、海外の人(僕の場合はアメリカ人やベトナム人)と仕事の取引や日常会話ぐらいならできるようになりますので、頑張って勉強してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)