iPadをデュアルディスプレイ環境に!人気No1アプリ「Duet Display」

ipadをサブディスプレイ環境に

iPadをサブモニター化できるアプリはいろいとありますが、その中でもオススメしたいのが「Duet Display」

この「Duet Display」を利用することで、この画像のように簡単にデュアルディスプレイ環境を作ることができます。

人気アプリ「Duet Display」の特徴は以下の4つになります。

  1. 動作遅延ゼロ
  2. 世界各国No1!ベストセラーアプリ
  3. 1回の購入でずーっと使える
  4. Windowsにも対応

今回は、アプリ「Duet Display」の特徴と実際に使ってわかったことについてご紹介していきますね。
Duet Display

Duet Display
開発元:Duet, Inc.
¥1,200
posted withアプリーチ

iPadをサブモニター化できるアプリ「Duet Display」の4つの特徴

① 反応速度が速い

「Duet Display」の一番の特徴は、マウスに対しての反応速度が早いことです。

元Appleエンジニアが開発しただけあって、動作の遅延がほんとにゼロ。無料アプリなどと比較するとわかりますが、「Duet Display」はほんとに優れているアプリと言えます。

② 人気No.1のベストセラーアプリ

人気NO1DUET displayアプリ
「Duet Display」は世界各国でベストセラーになっているサブディスプレイアプリ。

アプリ評価も4.1とかなり高く、実際にぼくも利用していますが、動作の遅延もなく納得の評価だと思っています。

③ 1回のアプリ購入で永続的に使える

Duet Displayは一回の購入でOK
「Duet Display」は有料アプリなため、1,200円お金がかかってしまいますが、一度購入してしまえば、使い続けることができます。

※アプリの値段は記事作成時点(2018/08/25)の価格です。

④ Windowsにも対応

「Duet Display」はWindowsにも対応しています。

逆に「Duet Display」の残念なところ

ぼくが実際に購入して残念だな〜!と思ったところも解説していきますね。

  1. 無線接続ができない
  2. Macだと勝手に充電される

① 無線接続ではiPadをサブディスプレイにできない

Duet Displayは無線接続でサブディスプレイ、サブモニター化できない
「Duet Display」は有線ケーブルでの接続になります。

「Duet Display Pro」にアップグレードすれば、無線接続できるようになりますが、アプリ購入とは別に年間2,200円のお金がかかるので、無線接続でiPadをサブディスプレイにしようと考える人にはおすすめできません。

もし、無線接続でデュアルディスプレイ環境を作りたいなら、おすすめは「Yam Air」。
メモ
アプリ「Yam Air」なら480円で一度購入すれば、使い続けることができます。

「Yam Air」について詳しく知りたい人は「Mac+iPadを無線でサブディスプレイに!アプリ「Yam Air」の特徴」を参考ください。

[kanrenc id=”5959″]

② Mac+iPadだと勝手に充電される

有線ケーブルだと勝手に充電される
Mac Bookから有線ケーブルでiPadへ、つないでいるので、勝手に充電されてしまいます。

勝手にiPadに充電されると何が悪いの?と思うかもしれませんが、自動的に充電されるとMacのバッテリーの減るスピードがものすごく早いんです。

ぼくの場合、外出先で使用していたので困っていました。

Macから勝手に充電されるのがイヤな人ににも、「Duet Display」おすすめできません

ちなみに、Windows+iPadの場合は自動で充電されません。設定で変更ができます。

「Duet Display」がおすすめな人は?

  • WindowsかMacでiPadをデュアルディスプレイ環境作りたい
  • iPadもメインモニターの1つとして使いたい
  • 少し割高でもストレスなく快適な環境で作業したい、人向けのアプリです。
Duet Display

Duet Display
開発元:Duet, Inc.
¥1,200
posted withアプリーチ

 

メモ
Duet Display以外のアプリと比較してみたい人は「iPadをモニター化できるアプリを比較!動作遅延・無線対応・価格」を参考ください。

[kanrenc id=”6049″]

4 COMMENTS

Hiroshi Yoshida

春頃から最新のMacOSでは動きません。動作確認せず記事書いてますね。

返信する
あきら

ご指摘ありがとうございます。

私が2018年7月に購入したMacBook Proの
MacOS(High Sierra バージョン10.13.6)では、動作確認が取れております。
ただ、動作しないMacOSが存在するということ、承知いたしました。

公式のDuet DisplayのApp Storeに明記されている対応OSには、
以下の記載がございましたので、ご参考いただければ幸いです。
Mac全機種 (10.9 Mavericks以降)

返信する
あきら(管理人)

タブレットがAndroidの場合は使えないです。

Duet Displayはタブレットでアプリ(Duet Display)をダウンロードする必要があります。
今現在、私が確認してた限りでは、Duet DisplayはiOSアプリしかリリースしていないため、
Androidでは使用できないです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)