マネーフォワード活用術|お金の管理が劇的に変わる7つの理由

マネーフォワードでお金が貯まる7つの理由

あなたが持っている「クレジットカード」や「銀行口座」、「ポイントカード」。今いくら使ってて、口座にお金がどのぐらいあって、ポイントがどのぐらいあるのか、把握できてますか?

 

たしかに、たくさんのカードを持っていたら、お金の管理をすべて把握できないのは当たり前です。

 

でも、マネーフォワードで「銀行口座」や「クレジットカード」のお金を一元管理することによって、支出がわかるようになります。

しかも、公式サイトの記載では、使っている人の月平均【19,090円】の収支が改善を実感。

今回は、その「マネーフォワードでお金の管理すると収支が劇的に変わる7つの理由」を紹介していきます。
家計簿マネーフォワード

家計簿マネーフォワード
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

お金の管理が劇的に変わる7つの理由

お金の管理が楽になるマネーフォワード

口座の登録をしておくと、だれでも簡単に家計簿を自動計算してくれます。

お金の管理が圧倒的に楽になるのは、マネーフォワードのこれから紹介する7つの機能がすごいからなんです。

 

  1. 「収入」「支出」グラフの自動作成
  2. 銀行口座・クレジットカード・ポイントカードなどの一元管理
  3. 過去の「収入」「支出」を比較・分析
  4. 購入商品を自動分類
  5. 予算設定で残金管理
  6. ポイント・マイルの自動換算
  7. ATM引き出しと財布の自動連動

それでは、上記の機能について、くわしく紹介していきます。

 

① 「収入」「支出」グラフの自動作成

マネーフォワードのグラフ
この画像のように、「収入」と「支出」から今月の「収支」を自動で計算してくれます。

さらに、登録している口座から資産を計算し、総資産までも割り出してくれるんです。

意外と今月の「収支」と「総資産」を把握している人はいないと思います。じぶんの総資産いくらからわかりますか?

マネーフォワードを利用すれば、アプリを開くだけで今月の「収支」グラフ、総資産がわかり、先月と比べてお金の増減がどのぐらいだったか、自動で教えてくれるんです。

Goodポイント
「先月使いすぎたな!」と一目で把握することができるので、お金の管理がとても楽になる。

 

マネーフォワードのプレミアム会員の収入・支出の内訳画面
この画面はマネーフォワードのプレミアム会員限定だけの機能になりますが、さきほど説明した「収入」と「支出」のさらに詳しい内容を項目ごとに「金額」「グラフ」「前月比」にしてくれる機能です。

無料会員だと、全体の金額はわかるのですが、項目の内容はグラフにしてくれていないんですよね。

Goodポイント
この機能を利用することにより、詳細な金額がわかり、節約すべき項目がはっきりとわかる。

 

② 銀行口座・クレジットカード・ポイントカードの一元管理

マネーフォワードの銀行連携後の画面
マネーフォワードの最大のメリットはこの画像のように、個々で管理していた銀行口座やクレジットカード、ポイントカードが一元管理できるようになることです。

対応金融機関は2500以上で、証券や年金、アマゾンまで連携可能。1つのアプリで一元管理することで、お金の管理する煩わしさから解放されます。

Goodポイント
今まで、個々に確認していたお金の残高を一瞬で把握することができる。

 

③ 過去の「収入」「支出」を比較・分析

マネーフォワードの家計資産レポート
この画像のように、「収入」「支出」「収支」を前月比較・前年同月比較して、いくら増えたかはっきり教えてくれる機能。

先ほどのはグラフでしたが、この機能は金額として、1円単位まで表示。

過去1年間までの記録を正確に教えてくれるので、どのぐらい「収支」が変わったのか、把握することできます。

Goodポイント
過去から現在までの現状を把握することは、将来のお金の計画に必ず役に立ちます。

 

④ 購入商品を自動分類

マネーフォワードの自動振り分け
購入した商品の内容を自動的に判断し分類してくれるのも、マネーフォワードの大きな特徴。

現金で購入した商品はレシート撮影や手入力の必要がありますが、クレジットカードやアマゾンで購入した物などは自動で商品名まで連携してくれます。

Goodポイント
家計簿をつけていると、面倒なのが購入商品の入力ですが、マネーフォワードなら自動で分類してくれるので、時間の節約にもなり、お金の管理も非常に楽になります。

 

⑤ 予算設定で残金管理

マネーフォワードの予算管理の設定手順
月の予算を設定しておくことで、今月残りいくら使えるのかわかり、お金の使いすぎを抑えられます。

後から家計簿をつけて「今月赤字だ!」という心配もなし。

じつはマネーフォワードには「家計診断」機能があり、あなたの「収入」「支出」を理想の家計と比べてくれてる機能があるのですが、それを利用することで、年間いくら改善できるかを1円単位で計算してくれんです。

ぼくの場合だと、年会581,124円の改善ができるようなので、まだまだ無駄が多いですね。

Goodポイント
意外と家計簿って他と比較することができないので、この「家計診断」機能は参考になります。

 

⑥ ポイント・マイルの自動換算

マネーフォワードのプレミアム会員のポイント画面
ぼくが思うマネーフォワードの優れている機能の1つがポイント・マイルなどを自動で現金レートで換算してくれるところです。

※有効期限の表示はプレミアム会員限定のサービス。

マネーフォワードなら、ポイントをたくさん持っているけど現金にすると、いくらなんだろ?と考える必要が一切なくなります。

登録するだけで自動計算してくれてますし、意外と知らなかったポイントなどがあるかもしれません。ぼくの場合はマネーフォワードとアマゾンを連携するまで、アマゾンにポイントが付与されていることを知りませんでした。

このように、意外と気づいていない大量のポイント付与を発見できるかもしれません。

Goodポイント
現金レートで自動換算してくれるのと、隠れポイントを見つけられたのは大きなメリットでした。

⑦ ATM引き出しと財布の自動連動

マネーフォワードの財布機能の登録手順
ほかの家計簿アプリを利用していて煩わしいと思っていたことが、財布の中の金額とアプリの金額がずれてしまうことです。

マネーフォワードなら「財布の中の金額」と「ATM引き出し金額」が自動的に連動し計算してくれるので、誤差がなくなります。

ただし、現金で支払った時は「レシート撮影」か、「手入力」する必要があるので、ぼくはできるだけ、ポイントが付与される「クレジットカード」や「デビットカード」を使い、キャッシュレスにするようにしています。

Goodポイント
「財布の中の金額」と「ATM引き出し金額」の自動計算は一度設定するだけで勝手にやってくれます。

 

まとめ

マネーフォワードを一度も利用したことがないのなら、ぜひ使って活用してほしいアプリです。お金を管理が本当に楽になるよ。
家計簿マネーフォワード

家計簿マネーフォワード
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

今回、紹介したお金の管理が劇的に変わる7つの理由は以下になります。

  1. 「収入」「支出」グラフの自動作成
  2. 銀行口座・クレジットカード・ポイントカードなどの一元管理
  3. 過去の「収入」「支出」を比較・分析
  4. 購入商品を自動分類
  5. 予算設定で残金管理
  6. ポイント・マイルの自動換算
  7. ATM引き出しと財布の自動連動
 

[kanrenc id=”6462″] [kanrenc id=”6174″] [kanrenc id=”6105″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)