マネーフォワードのプレミアム会員は必要?4項目で簡単診断

マネーフォワードのプレミアム会員は必要?-min (1)

結論から言うと、マネーフォワードのプレミアム会員になる必要はないです。

ですが、下記の4項目に3つ以上当てはまるのなら、プレミアム会員になる意味はあります。

  1. 銀行口座、クレジットカードなど、連結する必要のある口座が10個以上
  2. 会社以外の収入(副業・不動産投資・株式投資など)がある
  3. 複数のポイント・マイルを5つ以上保有している
  4. 夫婦それぞれで口座を管理したい

どうでしたか?

3つ以上の項目に該当するようなら、プレミアム会員になることを検討してみよう。

なぜ、上記に当てはまる人はプレミアム会員がおすすめなのか?

それはマネーフォワードを活用する最大のメリットは、すべての口座を連携することによる一元管理と自動化です。

プレミアム会員になることで、

  1. 複数の10個以上の口座の全体資産・負債内訳を把握
  2. お金を管理する時間の節約
  3. 過去の推移からわかるお金の流れ増減を分析ができる

無料会員でも、確かにお金の管理することが楽になりますが、

複数の収入がある人はプレミアム会員になることで、細かいお金の管理ができるようになり、さらに総資産のアップなどを目指していくことができるようになります。

実際のプレミアム会員の資産推移や収入・支出グラフ画面は?

プレミアム会員に登録して、資産や収入のグラフを分析してみたよ。

資産推移画面

マネーフォワードのプレミアム会員の資産推移画面
ぼくの場合は、ほとんどが銀行口座に入っている現金なので、青色のグラフしかありません。

現在、投資信託に預けているお金は27,544円しかありませんが、この投資しているお金が増えると、上記画面に黄色グラフが増えていきます。

このように、全体資産を推移をグラフで把握することができ、リスク分散することを考えた際には役立ちます。

収入・支出の内訳画面

マネーフォワードのプレミアム会員の収入・支出の内訳画面
収入と支出のグラフが表示されるようになります。
前月と比べて、どの項目が増えて減っているのかを把握することが可能に。

会社以外の収入がある場合は、グラフの割合を見ることで、何割ほど1つの収入に依存しているのかが簡単にわかるんです。

ポイント・マイル画面

マネーフォワードのプレミアム会員のポイント画面
複数のポイント・マイルの期限までも一元管理できるようになります。

実際に、ぼくもプレミアム会員に登録して、三井住友銀行のSMBCポイント期限があと1ヶ月ということに気づけたよ。

ほかにもマネーフォワードのプレミアム会員になるメリットはありますが、メインとなるのは今、ご紹介したものだと思います。

下の表は、「無料会員」と「プレミアム会員」のサービス比較したものです。

無料会員とプレミアム会員のサービス比較

マネーフォワードの無料会員とプレミアム会員のサービス比較

今までは、プレミアム会員になるメリットばかり紹介してきましたが、次はデメリットについて紹介。

プレミアム会員の残念なところ

正直、デメリットは今のところ”ない”。

しいて言うなら、月額500円かかることぐらいですが、

複数の収入などお持ちの方にとっては、この月500円より、お金を管理する時間の短縮できることの方が遥かにメリットを感じられるはずです。

マネーフォワードプレミアム会員のまとめ

プレミアム会員におすすめな人は以下の項目に3つ以上当てはまる場合です。

  1. 銀行口座、クレジットカードなど、連結する必要のある口座が10個以上
  2. 会社以外の収入(副業・不動産投資・株式投資など)がある
  3. 複数のポイント・マイルを5つ以上保有している
  4. 夫婦それぞれで口座を管理したい

もし、当てはまらないなら、今の段階でプレミアム会員になる必要はありません。

[kanrenc id=”6462″] [kanrenc id=”6174″]

>>>マネーフォワードをさらに便利に活用できるキャッシュレス化について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)