フリーターから正社員になることが怖い|僕の体験談

[hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/0D104EA8-6C64-44F3-A7DC-B6C1A074624A-min.png” type=”left lg”]ぼくは正社員として就職するのが怖かった[/hukidashi] [hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/0D104EA8-6C64-44F3-A7DC-B6C1A074624A-min.png” type=”left lg”]合計4年間フリーターとして働き、28歳の時になんとか就職[/hukidashi]

時給1000円の居酒屋バイトから、都内のIT企業に働き始めた”アキラ”です。

 

長い間、フリーターだと、社会に出るのが怖く感じませんか?

 

このままだと将来まずいな』と思いながらも、就職するタイミングを見失い、気づいたら最年長の28歳。

正社員になること、社会にでることに、恐怖感さえありました。

 

そんな時、なんとなく目に入った1通のメール

これがぼくの『キッカケ』でした。

 

正社員になりたいが踏み込めない毎日

当時のぼくは、常にまわりと比べてしまい、正社員ではないじぶんがイヤでした。

 

同年代の友達はみんな正社員。

結婚、出産、出世。将来に向けて進んでいる中、同じバイトを続けているじぶん

 

昔は友達と会うのが楽しかったのに、

最近は、

『今、何しているの?』

『バイト』

と、答るのがイヤで、仲良かった友達会うことさえ辛くなっていました

 

ぼくの唯一の楽しみはバイトしているとき。

フリーターが多く『安心感』『必要とされている事』が嬉しかったです。

その一方で、社会に出ることに対して、恐怖心は大きくなっていました

 

ぼくの就職のキッカケ

『就職したい』という気持ちはあったので、就職サイトには登録はしていました。

 

ただ、登録していても、気になる企業をお気に入りに追加しては、『募集期間が終了しました』のメール通知。

応募することはなかったです。

 

そんな時に目に入ったのが、1通のメール。

フリーター向けの説明会を開催します』の文字。

ぼくが正社員になったキッカケは『若者正社員チャレンジ事業』の説明会でした。

 

『まあ話しを聞きに行くだけなら』と参加。

 

参加者もフリーターしかいないので、妙な安心感。

と同時に、他のフリーターから伝わる『就職したい』という、その場の空気。

 

焦りを感じました。

 

この説明会に参加したことで、

『就職したいな』から『正社員にならないとヤバイ』と、じぶんの中で気持ちが固まりました

 

フリーター歴が長いと、就職活動をするタイミングを見失いやすいです。

説明会は期日が決められ、じぶんから動き出せなせないぼくにとっては、いいキッカケになりました。

 

ただ、就職活動のキッカケは説明会でしたが、ぼくが正社員になれたのは、就職エージェントを味方につけていたからです。

 

※注意点:2018年度の『若者正社員チャレンジ事業』は、参加できる人数が370名までと限定されているので、空きが無くなり次第終了です。

 

転職エージェントに相談する

フリーターの就職って『一人で履歴書を作成して、企業に応募、面接』すると思ってませんか?

実際に、じぶんも最初の頃、すべて一人でやっていました。

 

ですが、就職エージェントを利用すると、一人で悩まなくて済むようになります。

 

1人だと、

就職エージェントなし図解

 

ですが、

就職エージェントを利用すると、

就職エージェントを利用した場合

内定をもらえるためのサポートを無料でしてくれます。

 

フリーターが正社員になるため方法は、一人で就職活動をしないことです。

 

いつか必ず”あなたを採用したい”という企業が現れる

就職活動の期間が長くなるほど『内定さえもらえればOK!』という考えになり、ブラック企業に引っ掛かりやすくなります

 

10社応募して、9社落ちると思ってください。最後の面接で落ちることもあります。

じぶんも何社に応募したのか覚えていません。

 

これから就職活動を始める人、すでにしている人。

 

いつか必ず”あなたを採用したい”という企業が現れますなので、諦めないで下さい。

 

ぼくも最初のころ、社会に出ることが怖いと思っていました。

でも、正社員になってしまえば、すぐに忘れます。

意外と社会人って大したことやってないんだって、今は思っています。

 

最初の一歩は大変ですが、この記事が何かのきっかけになってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)