フリーターの就活はつらい!と思った時の3つ解決策

[hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/02/Image-3-min.png” type=”left yellow”]内定が出なくて、精神的につらい[/hukidashi] [hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/0D104EA8-6C64-44F3-A7DC-B6C1A074624A-min.png” type=”left lg”]ぼくも30社以上、受けても内定なくて、ヤバかった[/hukidashi] [hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/0D104EA8-6C64-44F3-A7DC-B6C1A074624A-min.png” type=”left lg”]終わりが見えないことを毎日しているようだった[/hukidashi]

居酒屋のバイトから28歳で都内IT企業に就職した”アキラ”です。

 

ぼくの就活期間は合計9ヶ月。

2月から始めて終わったのは10月でした。

 

最初の5ヶ月は結果がでなくて、精神的にもギリギリ、いくら応募しても、落とされて、終わりが見えない。

1つでも内定が出れば少しは楽になると、ひたすら就活をしていましたが、結果は出ない。

ですが、最後の4ヶ月間で、内定を3ついただくことができました。

 

今思うと、この記事に書いた『3つの解決策』を知っていれば、この辛さから早く解放されていたと思います。

今回は『今まさに就活で辛いと感じているフリーター向けの解決策を3つ』紹介します。

 

就職で悩みすぎてるフリーターへ|3つの解決策

解決策① キャリア・アドバイザーに相談する

[hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/Image-26-min.png” type=”left lg”]だれかに、就活の相談していますか?[/hukidashi] [hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/0D104EA8-6C64-44F3-A7DC-B6C1A074624A-min.png” type=”left lg”]ひとりで就活するの辛くないですか?[/hukidashi]

 

ぼくは相談しアドバイスをもらってから、就活の状況が変わりました。

就活を1人しているフリーターほど、就職活動の期間が長くなります。

 

 

ぼくは最初の5ヶ月間、ネットや本で調べ、じぶん流で面接や企業選び、志望動機を作成をしていましたが、

途中からやり方を変更しました。

それは、すでに就職した経験のある人『キャリア・アドバイザーからアドバイスをもらうこと

 

すでに就職している友達やハローワークからアドバイスをもらうのもありです。

が、

じぶんの場合は、就職のプロのエージェントの人でした。

 

友達に志望動機を見てもらうのも恥ずかしかったですし、思っていたアドバイスとも違う。

もちろん、ハローワークにも行きましたが、なんか違う。

よく考えたら『公務員試験で採用されたんだから、フリーターの就活の辛さ知らないでしょ!』と思い行くのやめました。

なので、ぼくはキャリア・アドバイザーに就職の相談をしていました。

 

 

就職エージェントからアドバイスをもらうことで、『就職した人はこうやったんだな』と気付かされました。

今の就活のやり方が合っているのかわからない。

そう思うフリーターは、一度、だれかに相談してください。

 

実際に相談すると、キャリアアドバイザーは、今の状況からの分析や対策を具体的に提案してくれます。

『ジェイック』は、企業選びから就職後まで個別でサポートしてくれて、20代フリーター正社員経験のないフリーターを専門にしてくれてます。

[hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/Image-26-min.png” type=”left lg”]実際にぼくもフリーターの時、利用してたけど、話しやすくアドバイスも的確でした。[/hukidashi]


 

ほんとにフリーターの就職はつらいです。
 
[hukidashi name=”” icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2018/04/Image-25-min.png” type=”left lg”]就職アドバイザーは、内定を取る方法、正しい就職活動を教えてくれるから、
ぼくは相談してよかった[/hukidashi]

 

解決策② フリーター向けの就職支援サービスを利用する

2つ目は職場体験から、内定を貰う方法です。

 

数年前までは、就職サイトから企業を選ぶ、応募、面接という流れが一般的でしたが、今はいろんな就職活動の方法があるんです。

 

最近だと、東京都が支援しているフリーター向けの若者正社員チャレンジ事業

若者正社員チャレンジ事業は合同説明会に参加後、応募、面接なしで20日間の職場体験し、正社員になるか、ならないかを選択できるんです。お金もでます。
※面接がある場合もあります。

 

ぼくもフリーターのとき(2016年)、説明会に参加しました。

その時は、参加企業の数がまだ少なく希望の職種がなかったのですが、最近は参加企業の数も増えていました。

説明会に参加するとわかるのですが、労働条件やワークライフバランスが整っている企業が意外にも多く、運営側である程度の基準や審査をしているのかな?と感じです。
 
※参加枠に人数制限があります。2018年度は380人までの参加枠。

若者正社員チャレンジ事業は普通に就活するよりも内定がもらいやすいです。

 

解決策➂ 就活を7日間だけ中断する

就活がツライと思ったら、一度、就職活動から離れてください。

7日間何もせずに、バイトも”なし”で。

長い人生、7日間休んでも就活には影響ありません。だったら、就活から離れ気持ちを入れ替えた方が、内定に近づけます。

 

就活がつらいと感じている時ほど、その焦りが面接や企業選びに現れていませんか?

ぼくは7日間ひたすら漫画を読んで、じぶんを落ち着かせました。

とことん、休んで見ると、逆にすっきりして落ち着いて就活に入れます。

つらいまま就活を続けていても結果は出ないので、7日間だけリセットしてください。

モチベーションが上がっているはずです。

 

まとめ

ぼくは最終的には、内定を4つの企業からもらえました。

今、思うともっと早くこの3つ

  1. キャリア・アドバイザーに相談する
  2. フリーター向けの就職支援サービスを利用する
  3. 就活を7日間だけ中断する

に知っていれば、この辛さから早く解放されていたと思います。

焦って周りが見えていなかったんだと思います。

就活がつらい、泣きたい。

ぼくもこの時期、フリーターから一生抜け出せないんじゃないか、なんで、28歳まで何もしてこなかったんだろうと、じぶんを攻めていました。

ですが、フリーターでも内定はもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)