株の素人でも【利益をだす方法】と初心者が【失敗する4つの原因】

この記事の内容

・株の素人がダメな理由

・投資信託と株のメリット・デメリット

・ぼくがやってる資産を増やす方

 

株は素人にとってむずかしいですが、絶対に儲かられない!という、わけではないんですよ

深追いさえしなければ利益をだすことはできます

 

ただ、株を「買うタイミング」と「売るタイミング」がわかればの話しです

これは経済や政治、いろんなものが関わってくるからむずかしいんですよね

それにはセンスや知識が必要!

だから、やっぱり株の初心者にはキツイ

 

でも、ガッカリしないでください

ぼくもホントに初心者ですが、お金を運用して利益をだします(予定)

それは株ではなく、積立投資の投資信託

 

株が素人にとって儲けにくい理由

リスク分散をできない

ほとんどの人が少額の10万や30万円とかで株式投資をはじめようとしますが、投資金額が少なすぎて分散投資ができないですよ

そのお金をいろいろな会社に投資しようとしますが、投資できても5社~10社ぐらい

これでは、リスク分散ができません

 

[voice icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2017/10/Image-56.png” name=”ヒヨリーマン” type=”r”]でも、積立投資の投資信託ならリスク分散ができる[/voice]

世の中には投資先がたくさん!

ざっくり例をあげると

・国内株式
・先進国株式
・新興国株式
・国内債券
・先進国債券
・新興国債券
・国内不動産 投資信託証券
・先進国不動産 投資信託証券

と、いっぱいあるんですが、株式投資だと、どれか1つに偏ってしまってリスクが大きい

コレが、株の初心者には難しいリスク分散

投資信託ならどこかの株価が下がっても他の株価が上がってカバーできるんです

積立投資・投資信託の特徴

・投資信託は運用のプロが選んだ会社たち

・プロが選んだ会社がパッケージ(ファンド)になっている

・ファンドは国内株式・先進国株式・新興国株式など様々なのがある

・ただし、プロに頼むから運用手数料がかかる

 

時間の分散ができない

初心者にやりがちなのが、もっている資金を最初の1カ月間ですべて投資してしまうこと

 

ご存知のように株価は毎日変わります

上がる日もあれば、下がる日もある

買った日から、ずーっと上がるような投資先があれば問題ないのですが、まず、ありませんよね?

最初に株を買った日が基準になってしまい、そこから「上がる」か「下がる」かがすべてになってしまうんです

 

[voice icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2017/10/Image-53.png” name=”ヒヨリーマン” type=”r”]このリスクを少なくするのが積立投資の「ドルコスト平均法」[/voice]

簡単に言うと、ドルコスト平均法とは「毎月決まった金額を継続して買い続ける投資方法」ってこと

 

じゃあ、株でも最初の10万円を10回に分ければいいじゃん!となると思いますが、それは半分正解・半分間違え

「時間の分散」ができますが、資金が少なくて数社に投資先が集中してしまうため「リスクの分散」ができなくなってしまうんです

[voice icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2017/10/Image-58.png” name=”ヒヨリーマン” type=”r”]積立投資の投資信託なら「時間の分散」と「リスクの分散」を同時にできる[/voice]
積立投資・投資信託の特徴

・積立投資はドルコスト平均法で時間の分散

・時間の分散で安全な運用ができる

・ただし、長い期間が必要

 

短期間で利益をあげたいから

株の初心者の失敗する一番の理由が短期間で儲けたい!

すぐに儲けたいと思うほど「買うタイミング」と「売るタイミング」を逃して損をしてしまうんです

 

よくネットやテレビで安い時に株を買って、高い時に売ったら短時間で100万円になりました~とか、まずムリ!

株式投資を1000人がやっていて、その中の1人をニュースにしただけです

有名な人だと「BNF」さん

だいぶ前ですが、テレビとかで取り上げられています

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=La-WIYNjgoY” width=”400″ height=”320″]

短い時間で売り買いして利益をあげていますが、素人にはものすごくむずかしいですよ

こんな人はホントに一握り

 

着実に利益を出したいなら買ったもの長い期間で持ち続けるのが絶対条件です

投資の神様と言われる「ウォーレン・バフェット」さんの名言で

今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいい。その会社が10年、50年経っても欲しいと皆が思うものを作っているかどうかが重要だ

株式投資の本質をついている言葉ですよね

初心者の人はやっぱり短期的に見がちになってしまうので、損をしてしまう確率が高いですよ

[voice icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2017/10/Image-53.png” name=”ヒヨリーマン” type=”r”]積立投資は短い期間ではなく、長い期間、投資し続けて利益をだす投資方法[/voice]
積立投資・投資信託の特徴

・投資信託でお金の運用はすべてプロにまかせる

・積立投資は「買うタイミング」「売るタイミング」を考えなくていい

・ただし、積立投資は一度買ったら5年以上は持ち続ける

 

時間がとれないから

株をやるうえで絶対に必要になってくるのが時間

・仕事が忙しいサラリーマンやOL
・家事や育児で追われている主婦

の方に日中の2時間~4時間も株価を見ている時間はない

現代人は忙しいんです

 

投資する会社を選んで、コレから上がる株価しらべて、過去の評価を分析して・・・

株の初心者が全部ひとりでできますか?

[voice icon=”https://hiyo-riman.info/wp-content/uploads/2017/10/Image-58.png” name=”ヒヨリーマン” type=”r”]積立投資の投資信託なら、運用のプロが会社をこれから伸びる選んでくれる[/voice]

 

しかも、毎日変わる株価

1分1秒で上がったり下がったりして、精神的に不安定になる人も多いようです

積立投資の投資信託は株価をまったく気にしません

 

理由はもうわかりますよね?

長い期間で見ているからどうでもいいんです!

確認したとしても1カ月に1回10分ぐらい確認するだけ

最終的に利益さえでていれば問題なし

積立投資・投資信託の特徴

・時間がない人でも簡単に資産運用ができる

・精神的に楽

・ただし、ファンド選びを間違えると利益がでない

 

素人に株をオススメしない理由を書いてみました

でも、もちろん株式投資にもメリットはありますよ

最後に「株式投資」と「積立投資の投資信託」の違いをまとめてみました

 

投資信託と株のメリット・デメリット

株のメリット

短い期間で資産が増える
・株主優待がもらえる
・何に投資しているのかわかる

 

株のデメリット

・株価が気になり精神的につらい
・投資先を選ぶのに時間をとられる
・株価を確認しなくてはならない(毎日)
・売買手数料がとられる
リスク分散がむずかしい
時間の分散がむずかしい
・たくさんの資金が必要
・個人では買えない投資先を選べない

 

積立投資の投資信託メリット

リスク分散できる
時間の分散ができる
・株価は基本見ない(月1回程度)
・最初に投資先を決めれば後は、自動で投資できる
時間がなくても誰でもできる
・個人ではできない投資先で資産運用ができる
・特に株を学ぶ必要がない

 

積立投資の投資信託デメリット

・運用手数料がとられる
・株主優待をもらえない
短い期間でお金を得られない

 

株式投資に向いている人

短期間で利益を上げたい人向け
・昼間も株価を見続けられる人
・1つ1つ企業を調べられる人

 

積立投資の投資信託に向ている人

仕事でいそがしいサラリーマン・OL
・家事育児でいそがしい主婦
・長い期間で着実に利益を上げたい人

 

ぼくは

・昼間に仕事があるサラリーマン

に、当てはまるので積立投資の投資信託を選択しています

 

ぼくのやっている資産を増やす方法

ぼくの資産を増やす方法は

資産を増やし方

1. 実績のあるファンドを選び毎月3000円の投資

2. 「仕事の給料」「副業の収益」から残った分を追加で投資する

3.毎月これを繰り返す

4.数年後、お金が増える(予定)

 

投資する会社を調べたりするのに時間をより、「本業」と「副業」で利益を上げて再投資する方が効率がいいと考えているので投資信託を選んでいます

だって、会社多すぎて選ぶのに時間かかるじゃん

お金の運用はプロにおまかせ!

 

そうすれば、収入の柱を3本に増やすことにできて、安定もしてくるという作戦ですね

・会社の給料
・副業の収入
・投資による資産運用

ぼくが株ではなく積立投資の投資信託をはじめるきっかけになった本が「はじめての人のための3000円投資生活」

 

 

Amazonの口コミを見ると「低評価」と「高評価」の賛否両論ある本ですが、

まとめると

・低評価は「内容がうすい」や「立ち読みでいい」
・高評価は「はじめるきっかけになった」や「初心者の入門書」

などなど

 

ぼくが読んだ感想は「積立投資・投資信託を今まで知らなかった人にとっての入門書」になるかな~と

なんと言っても、この本の中でオススメの投資先はこれ!と、ハッキリと書いてあるから

何を買えばいいのか教えてくれる本はあまりないので、初心者の人にとってはわかりやすいです

実際、ぼくにとっての投資をはじめるきっかになりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)