仕事がつまらない!辞めたい!と思った時の3つ選択

仕事がつまらない!辞めたい!

その直感は間違っていません

だって、それはあなたにその仕事が合っていないから

 

毎日同じことをする単調作業でも楽しんでできる人もいれば、できない人もいる

人と話すのが好きな人もいれば、嫌いな人もいる

つまらない・嫌な仕事を続けるほど大変な仕事はありませんよ

 

でも、今のまま同じ仕事を続けていても何も変わることはないです

待っていても変わらないですし、会社が助けてくれるわけでもありません

今の状況を変えるには、あなたから行動するしかないんです

 

具体的にどんな行動を起こせば今の環境を変えれるのか?

それには3つの選択肢があります

 

今の仕事をやり込む

1つ目は今の仕事をとことん追求して成績を残し、上の役職にあがる!

成績を残せば給料も上がるし、上司に意見も言えるようになれます

しかも、上のポジションになれば、今とは違う仕事になり、退屈な仕事から抜け出せることができる可能性があります

 

でも、これはオススメではありません

だって、仕事がつまらなくて辞めたいのに、成績なんて残せないですよ

お金がもらえるから、つまらない作業でも頑張る!って言ってもそんな人間割り切れるものでもありません

つまらない物はつまらないないんです

 

そう思いながら仕事をしている人より、楽しそうに仕事をしている人の方が絶対的有利ですし、成績や能力がおなじなら、上司も楽しそうにしている人を評価します

 

社内・部署異動をする

2つ目の選択は社内・部署異動

仕事がつまらないと感じたら、今の仕事は向いていないんです

でも、他の会社に転職をするのにもリスクがあるし、まだ在籍期間も短いからなかなか踏み出せない!なら、社内で部署移動にしておきましょう

 

部署異動なら同じ会社内で、今のつまらない仕事とは異なる仕事をすることができます

メリットとしては、

  • 実際に働いている人に話を聞ける
  • どんな人が働いているかわかる
  • 仕事内容があらかじめわかる
  • 職歴が傷つかない
  • 視野が広がる
  • 今後、転職しやすくなる

社内で違う部署に異動するメリットは多いんです

人事部、営業、経理、エンジニア、マーケティング、今働いている社内にもたくさんの職種や部署があると思います

そこに所属を変えるというのも1つの手です

 

もし部署異動をしようと考えたら、行きたい部署の人とコミュニケーションを取るのが第一歩

  • どんな内容の仕事をしているのか
  • 仕事は楽しいのか
  • 早く帰れるのか
  • 雰囲気はどうなのか

できれば同期や年齢、階級が近い人に聞いてください

さらに言うなら、そこの部署の働いている人の性格も観察して、あなた自身と趣味や共通点を見つけてください

 

なぜかと言うと、「今の仕事がつまらない」と感じているのは、性格に合っていないから

そこに所属する人の性格をみて自分自身に近い人が、生き生きと仕事をしているなら、そこの部署の仕事はあなたに合っている可能性が高いからです

 

でも部署異動してもダメな場合もあります

それは、今の会社に給料や労働時間、人間関係、社風などで不満を持っていた時です

 

不満があって仕事がつまらないなら転職

「仕事がつまらない」かつ「会社になにかしらの不満がある」なら転職です

  • 給料が少ない
  • 人間関係がめんどくさい
  • 社風が合わない
  • 毎日残業がある
  • 今の環境じゃ成長ができない

このことに関して不満があって、しかも、仕事内容がつまらなく辞めたいと思っているなら違う会社

 

たとえ、部署異動や役職が変わったとしても会社に不満を持っていたら、いずれ「今の会社を辞める」という選択肢に半年後、1年後またなります

 

もちろん、転職は簡単な事ではありません

なにも準備をしていないで転職を初めてしまうと、今の会社と同じ状況になります

多くの人は、「仕事がつまらないな・・・辞めたいな・・・転職でもするかな」と準備もせずに決めてしまうので失敗します

 

転職活動を失敗しない為には準備が必要

  1. 市場価値を知る
  2. 履歴書の足切りを把握
  3. プロの転職エージェントに相談
  4. 第三者から見た強み・弱み知る
  5. 仕事を探す

一番最初にやることは「じぶんの市場価値」を知って、「足切りの基準」を把握して対策しておきましょう

この2つはアプリで約10分知ることができます

 

市場価値

じぶんの市場価値っていくらかわかります?少し気になりませんか?

転職したら、いくらの給料がもらえて、今の職種からでもどんな違う仕事ができるのかを知りましょう

 

自分の市場価値を知るためにしているのが、Midasというスマホアプリ

いくつかの職歴やスキルなど設定するだけで、10分後にはあなたの市場価値がわかります

今の職種から他にどんな仕事ができるのか、給料はいくらもらえて、何社からオファーがどのくらい来るのか知れるんです

次は、もっといい会社に行くために足切りの基準を知ること

 

企業の足切り基準を知って対策する

例えば、足切りの基準が「IT企業で1年以上働いた経験」なのに、11カ月しか働いていない、後、1カ月で1年なのに足切りに引っかかってしまってはもったいないですよ

でも、それもMidasで把握することができます

 

アプリを開いて設定すると、年収や企業からオファーの数が知ることができるんですが、その時どんなタイミングで「年収が上がるのか」「オファーの数が増えるのか」をチェックしてください

そこを基準にすると、企業がどこで足切りしているかがわかります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)